初めの一歩を踏み出せば後は簡単

プレミアリーグの王者・レスターシティーのスカウトが優秀すぎ

クラブ経営の継続で重要なのが収益。
主な収益源としては、スタジアムの動員、グッズ販売、そして移籍金です。

 

クラブチームによっては、ユースの頃から手厚く育てて活躍をすれば高額の移籍金で
金満クラブに選手を移籍させて収益を得る方法もあれば、これから伸びそうな選手を他チームから
獲得をして自チームの試合で経験をさせて成長させ活躍をすれば別のクラブチームに選手を売却をするという手法などもあります。
今季・プレミア王者に輝いたレスターはどちらかというと、マンチェスターユナイテッドやチェルシー、マンチェスターシティーのように中東のオーナーがクラブを牛耳っているチームではありません。
そのため、他のクラブチームから多額の移籍金を叩いて選手を獲得することができません。
そこで重要な役割を担うのがスカウティング陣なのです。

 

レスターシティーが今季優勝した中心選手のほとんどが数年前まで無名の選手だったのです。
レスター内の得点王ジェイミー・ヴァーディは、アマチュアで工場勤務しながらプレイしておりスカウティングの目に留まりレスターに呼びました。
リヤド・マフレズもフランスの4部からキャリアをスタートさせ2部で燻っていたマフレズを格安の移籍金でレスターに呼び寄せたのです。スカウティング陣の働きにより他チームよりも経営資金がない中で優秀な選手を集めてリーグ優勝に導いたのです。
わからないことがありましたらブックメーカーを比較してみてください。